写真ゼミコースの塾生募集中です

_20190803_181540.JPG

現代表現研究所が運営するフォトハウス表現塾です。
フォトハウス表現塾/写真では「写真ゼミコース」の塾生を募集しています。
10月から学びはじめる「写真ゼミコース」は1年間で24日開塾のプログラムです。
ワークショップ形式で、写真表現する基本からステップアップ方式で進めます。
カメラの扱い方、写真の見方、写真表現の方法などを個別に学んでいきます。
写真表現に興味を持ちだされて、表現の方法がつかめない方を対象とします。
経費は1年間で72000円です。
詳しいことは、お問合せください。
開塾場所は<アマノコーヒーロースターズ>です。
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
<問い合わせ先>
☆主宰者中川シゲオへお問い合わせください。
☆または AMANO COFFEE ROASTERS
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
Tel&Fax(075)491-6776 です。

研究会に登壇しました

日本写真芸術学会 関西支部第 6 回写真研究会
先日9月7日土曜日、ビジュアルアーツ専門学校内で発表させていただきました。
1980年代、京都の写真状況と写真活動について、中川の資料を軸に話をしました。
現在無所属の中川ですが、学会に入会したいと申し出て、先ほど入会申込をファクスしました。
かって二科会関西支部に所属したことがありましたが、その後、大きな団体には入っていません。
現会長の高橋さんは、京都でのWSに講師として来られ、金澤さんとは共に仕事をしました。
お名前を存じていて、今回初めてお会いした方、久方にお会いした方、縁が戻ってきた感じです。
掲載の写真は、現在成安造形大学副学長の金澤徹さんとのツーショットです。
ビジュアルアーツ村中校長ほか、みなさま、暖かく接していただいて、ありがとうございました。

120osaka190907006.JPG

posted by shigeo at 10:38Comment(0)日記

フォトクラブ京都の案内です

現代表現研究所が主催している「フォトクラブ京都」を紹介します。
フォトクラブ京都の設立は2018年9月で、現在一年が過ぎたところです。
例会は月一回、この9月からは第三土曜日に開催します。
時間は午後2時から5時と予定しています。
場所はアマノコーヒーロースターズさんのテーブルを借ります。
今月の例会は、9月21日(土)午後2時~5時です。

巷のフォトクラブ(写真倶楽部)と枠組みは同じです。
内容は、ワークショップ形式で、表現の内容を話し合います。
撮影技術や制作技法の研究だけでなく、現代の潮流を話題にします。
参加される個人が、自立していけるクラブを目指しています。
内容の目的は、現代を表現する各自の方法を導き出すことです。
ただいま新規会員を募集しています。

詳しいことは、お問合せください。
開塾場所は<アマノコーヒーロースターズ>です。
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
<問い合わせ先>
☆主宰者中川シゲオへお問い合わせください。
☆または AMANO COFFEE ROASTERS
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
Tel&Fax(075)491-6776 です。

DSC_6744.JPG

研究会のお知らせ

<ご案内します>

日本写真芸術学会 関西支部第 6 回写真研究会
「1970年代以降の関西の写真の動向を考え、アーカイブスの方法論を探る:京都を中心とした写真活動について」


関西の写真家たちは、1970 年代以降にオルタナティブな活動を積極的に行ってきました。
あらゆるメディアや形態での写真活動を俯瞰し、自主ギャラリー、企画展、雑誌など、それらの資料をどのように収集し、保存すれば良いかを探ります。
今回は 1980 年代より京都を中心に写真家、写真評論家、写真教育など様々な活動を現在まで続けられている写真編集者の中川繁夫氏をお招きして、関西と京都を中心とした写真動向を振り返ります。ぜひご参加ください。

日時:2019 年 9 月 7 日(土曜日)
午後 5 時~午後 7 時
(午後 4 時30分開場)
登壇者:中川 繁夫氏(写真編集者)

会場:ビジュアルアーツ専門学校大阪
VD1校舎(新館)7階7B教室
(大阪市北区曽根崎新地 2-5-23)

※阪急梅田、阪神梅田、JR 大阪、
地下鉄梅田、東梅田駅から徒歩 10 分。
地下鉄四ツ橋線西梅田から徒歩 5 分。
※会場には駐車場はございません。
参加無料 【事前申込み不要】
連絡先:jsahp.kansai@gmail.com
※ただし、9/7 当日のみ受付、午前 10 時~午後 3 時
※会場への電話でのお問い合せはご遠慮ください


_20190803_181436.JPG

写真ゼミコースの塾生を募集します

DSC_6744.JPG

現代表現研究所が運営するフォトハウス表現塾です。
フォトハウス表現塾/写真では「写真ゼミコース」の塾生を募集しています。
10月から学びはじめる「写真ゼミコース」は1年間で24日開塾のプログラムです。
ワークショップ形式で、写真表現する基本からステップアップ方式で進めます。
カメラの扱い方、写真の見方、写真表現の方法などを個別に学んでいきます。
写真表現に興味を持ちだされて、表現の方法がつかめない方を対象とします。
経費は1年間で72000円です。
詳しいことは、お問合せください。
開塾場所は<アマノコーヒーロースターズ>です。
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
<問い合わせ先>
☆主宰者中川シゲオへお問い合わせください。
☆または AMANO COFFEE ROASTERS
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
Tel&Fax(075)491-6776 です。

現代表現ワークショップについて-1-

現代表現研究所が主催する現代表現ワークショップ(現代表現WS)について書きます。

(検討資料です)
現代表現WSに、テーマとなるジャンルを設定します。
ジャンルは、統括セオリー、美術、写真、映像、音楽、文学、の六テーマとします。
テーマの名称は暫定であり、より的確な名称に変更されていくものです。

各ジャンルごとに、ワークショップを開催します。
ワークショップの内容は、各ジャンルに特化した事象がテーマとなります。
特化する事象は、おおむね現代を表現する現場をテーマにします。
各ジャンルに参加される個人は、テーマをクロスさせるなかで現代を理解します。
現代表現WSに参加される個人は、現代をテーマにした作品制作を試みます。

ワークショップの領域は、各ジャンルとも技術技法、テーマとなる背景と表出、など。
各ジャンル、マトリクス化された領域を、ワークショップ単位のテーマにします。
各ジャンルのワークショップがクロスオーバーさせながら全体を構成します。

(未完)

_20190816_094643.JPG