写真論-1-

120kyoto1702020016.jpg
写真論と題して、何を語ろうかとおもうところですが、最近、語るのが虚しい気持ちです。
その理由はわかりませんが、言葉で言い表すことじたい、その内容が信じられない。
じゃあ、静止画の写真イメージなら、信じられるのかといえばそうでもない。
信じる信じないの問題ではなくて、感じるか感じないかということが問題ではないか。
感じるとは、感覚的なとこで、まったく論理的じゃない。
この論理的でないことを論理的に組み立てようとするから無理があるのだ。
そのように思い出して、ついにここに言ってしまったわけです。
そうするとこれ以上、論理というものを、抱いていても進まない。
なら、その論理なるものを排除して、思うままに進めればいいのかも。
そんなこんなで、ここがすすめられなかったと思うんです。
また、しばらく、休止させるかも知れないです。

posted by shigeo at 16:53Comment(0)写真論