関西の写真(史)-1-

120shryo1208200014.JPG

 かねてより気になっていることがあって、その気になることとは、自分という人間を、自分としていかに捉えるか、ということです。自分ことを知るためには、自分が立ち会った、つまり身体をもって経験したことを軸にして、枠を拡げていくことで、それなりに、自分として自分を客観化できるのではないかと思っているのです。朝から、関西の写真の歴史を紐解く手がかりとしての一枚の印刷物を手にしていたところです。2008年4月1日現在という日付が入った「京都丹平 史譜」というA4一枚の印刷物です。ぼくの手元にはこの、浪華写真倶楽部からはじまる系譜資料と、京都シュピーゲル1966年からの会報、1977年関西二科会写真部の会員名簿、です。京都シュピーゲルは後に光影会と名称を変えていて、ぼくはこの光影会に、1975年ではなかったかと記憶を辿っていますが、入会することになりました。直接のきっかけは、この時からはじまったと思っています。

 関西の写真(史)、どこから書き始めようかと思うところですが、個別の作品論というより組織と個人という関係の中で記憶されるべく記録がこれだと思えて、ぼくが知る範囲で、実体験、知識だけ、これらを織り交ぜて、書いていこうと思います。そのことでいえば、別の所でも書いていますが、達栄作さんとの出会いが最初の話題かも知れません。1965年に京都シュピーゲルが、木村勝正さんを軸にして創られる写真倶楽部で、木村勝正さん死去の後をうけて、達栄作さんが会長となられ、会の名称が光影会、のちには光影会写真倶楽部となるところで、ぼくがこの光影会の会員になったというところです。写真倶楽部という集団は、おおむね月例会を開催しています。撮影会なるものを実施しています。月例会では写真にランクがつけられ、点数がつけられ、会員相互をランク付けします。写真雑誌に日本カメラとかアサヒカメラとか、そこにある月例コンテスト、その形式をお寺とか会館とかに集まって、点数をつけていくというものです。1976年当時、光影会では、月例会において提出された写真にランクをつけることを廃止されていて、見て論じるだけ、という方式に改められていました。
(続く)

写真史の構成-2-

800siryo1208200051.JPG

 フォトハウス表現塾のテーマで、全六回にわたって、写真という枠組みを歴史的な時間軸の中で明らかにしようとの試みを企てました。なによりも自分のための学び直しが中心ですが、この半世紀の歴史をかいつまんで論じようと思うところです。1960年代のアメリカで起こっていたことをとらえて「コンポラ展の時代1960年代から」続いて日本の1970年代、厳密にはプロヴォーグは1968年からの発刊だから、それも含め「プロヴォーグの時代1970年代から」としてしていて、日本の写真史の枠を確定していきます。そうして「関西の写真史」に及びますが、ここでおこなえる検証は、いわゆる写真写真の写真であって、アート的とかの写真はおおむね排除されてしまう結果となります。なので、続編では排除された写真と合流させて、全体を捉えられないかと思うところです。

 上記の三つの枠は、アメリカ1960年代以降、日本1970年代以降、関西1930年代以降、という設定で、2017年現在、今の写真作品の現れ方についての考察材料としたいところです。ところで、最初の枠が「現代アートと写真の現在、その動向」をタイトルにして、全体の出口として示唆するように仕向けたところです。四回目には文学評論の柄谷行人氏の論文「日本近代文学の起源」を文学という立場からですが、作家の内面史みたいなところで「風景の発見」、「内面の発見」、「告白という制度」などの論があって、その論が写真の流れをつかむにも適用できるのではないかとの考えで、取り入れたところです。次には東松照明の軌跡とその周辺」ということで、日本を代表する現代写真の作家と認定します東松照明さんの作品群、テーマとなった事象を見てみようと思います。と同時に東松照明さんの通り道におこる渦のなかにいた写真家などの仕事も取り上げてみたいと考えています。

 全六回のそれぞれのテーマを研究材料として提起しますが、この提起は中川個人の見識ですから、これを軸に、対抗軸を出していただくメンバーを頂きたいと思うところです。この六講の中身を軸にして、これを深めていく、これの周辺領域から他の解釈方法へ、あるいは商業写真やデザインとしての写真や心象主義的な写真や、様々に絡みながら、全体が作りあげられれば、と考えるところです。ぼくなんぞは、中途半端なままで、いっちょまえに論を語るわけですが、そうではなくて、批評というレベルで、論文を書かれ、あるいは論じられる人が出てこられることを希望するところです。写真=静止画という領域の現在的なありようを、どう解釈するかということが、いつの時代にも必要なことで、優れた批評家が優れた作家を生み出す、という仮説を提供したいと思うところです。