アニュアルギャラリー

_20191130_153841.JPG
京都の上京区にアニュアルギャラリーがリニューアルしたというので見に行きました。
本日行われていたオープニングトークの様子です。
所在地:京都市上京区上天神町630 興聖寺敷地内
新ANEWAL Gallery


フォトクラブ京都12月例会案内です

_20191116_135256.JPG
<フォトクラブ京都12月例会のご案内です>

令和元年12月例会は、12月21日(土)午後2時~5時です。

会場はアマノコーヒーロースターズさんのテーブル。
フォトクラブ京都は月一回、第三土曜日の午後に例会を開催しています。

<フォトクラブ京都>は現代表現研究所が主催しています。
多くのフォトクラブ(写真倶楽部)と枠組みはほぼ同じです。
例会の内容は、ワークショップ形式で、よもやま表現のことを話題にします。

撮影技術や制作技法の研究だけでなく、現代の潮流を話題にします。
参加される個人が、自立していけるクラブを目指しています。
ただいま新規会員を募集しています。

詳しいことは、お問合せください。

開塾場所は<アマノコーヒーロースターズ>です。
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F

<問い合わせ先>
☆主宰者中川シゲオへお問い合わせください。
facebook:https://www.facebook.com/sense.nakagawa

現代表現研究の枠で-1-

_20191108_213123.JPG
写真をめぐる話をしてみようと思うのですが、久しぶりに、その気になってきています。というのも昨夜から今朝にかけて、インターメディウムインスティチュート(IMI)を修了したメンバーから、メッセンジャーで案内が届いたのです。秋丸さんが執筆された本が、アマゾンに出ているというのか、その著書の案内をいただいたのです。ぼくは、アマゾンの会員になっていなくて、最近にはアマゾンのアカウント云々とのメッセージが来ていて、たぶん迷惑メールだろうと思って、無視していたから、アマゾンへは行けないな、と思って購読を残念しました。

それとは別に勝又さんが、タカザワケンジさんディレクターのIGフォトギャラリーで展覧会をする、という案内がありました。勝又さんのいもうとさんがお亡くなりになった、というところからの奥深い話を、朝一番に読んでしまって、ぼく自身かなりショックを受けたのです。ショックとしか言いようがなくて、それ以上の言葉が紡げないところです。現代表現の先端を行ってる、とかねがねから思っている勝又さんの作品で、非常にプライベートな部分での作品展開になる感じで、そういうことでいうと、まさに現代表現、そのものだと思うのです。

写真作品の内容や構成や枠組み全体のことを考察していかないといけないところですが、いまは、外観だけを見ています。載せた写真は、このまえ豊中のギャラリー176で、金村修さんの写真展があったときのトークで、ここに勝又さん、金村さん、小松さんがいらっしゃったのです。このギャラリー176の運営オーナーは友長さんでIMIを修了されたメンバーです。枠組みとしては、IMIがかなり底流になっている気がしてきます。あれらから20年近くの年月が過ぎていて、それぞれのメンバーがアートシーンの潮流を創りつつあるあると思うのです。その流れ+でタカザワさんとか金村さんとか小松さんなどが、現代のアートシーン、フォトシーンを創ってきている感触なのです。

現代表現WSについて-2-

_20191123_133841.JPG
夏の頃に、現代表現ワークショップの開催を企画案出したところです。
その後、関係各位と話題を提供しながらも、これを具体的な場として設定できていません。
どうしたものかと思い悩んでいるところですが、波が立つまで静観するしかないなぁ。
なにも始まっていないなぁ、というのが実感で、一人芝居やっていても仕方ないなぁ。
統括セオリー、美術、写真、映像、音楽、文学、この六つが個別WSの枠組みです。

ジャンル分けしていますが、実際には、このジャンル分けを超えたところで思考する。
各ジャンルには、それ相当の制作技術が必要で、そのことを踏まえて、どう構築するか。
なによりも、なんのために、ワークショップをするのか、という問題があります。
いっぽうで学校をつくるプロジェクトを提案しているところです。
学校つくりと現代表現ワークショップをリンクさせる、と思っているんですが。

抑圧される個人の在り方を、抑圧されない個人の在り方に変えるための学びの場が学校です。
あたらしい学校の概念ですが、現体制維持のための学校ではなくて、個人が自立する学校です。
この学校をどうイメージしてつくるか、ということの模索から始めなければいけないのです。
この模索からやろうというメンバーが現れてきたときから、プロジェクトが起こる、ですね。
広い原野のなかに、少しだけその芽が生えだしている感触ですが、まだまだそれは未定です。

写真を学ぶ生徒の募集です

_20180901_180742.JPG
現代表現研究所が運営するフォトハウス表現学校です。
フォトハウス表現学校ではただいま写真を学ばれる生徒さんを募集しています。
募集コースは「写真ゼミコース」です。

初歩から学びはじめる「写真ゼミコース」は1年間で24回開講のプログラムです。
ワークショップ形式で、写真表現する基本からステップアップ方式で進めます。

カメラの扱い方、写真の見方、写真表現の方法などを個別に学んでいきます。
写真表現に興味を持ちだされて、表現の方法がつかめない方を対象とします。

経費は1年間で72千円です。
詳しいことは、お問合せください。
開塾場所は<アマノコーヒーロースターズ>です。
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
<問い合わせ先>
☆主宰者中川シゲオへお問い合わせください。
☆または AMANO COFFEE ROASTERS
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
Tel&Fax(075)491-6776 です。

フォトクラブ京都12月例会のご案内

_20191116_140632.JPG
<フォトクラブ京都12月例会のご案内です>
令和元年12月例会は、12月21日(土)午後2時~5時です。
場所はアマノコーヒーロースターズさんのテーブルです。
フォトクラブ京都は月一回、第三土曜日に例会を開催しています。

<フォトクラブ京都>は現代表現研究所が主催しています。
多くのフォトクラブ(写真倶楽部)と枠組みはほぼ同じです。
例会の内容は、ワークショップ形式で、よもやま表現のことを話題にします。

撮影技術や制作技法の研究だけでなく、現代の潮流を話題にします。
参加される個人が、自立していけるクラブを目指しています。
ただいま新規会員を募集しています。

詳しいことは、お問合せください。

開塾場所は<アマノコーヒーロースターズ>です。
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F

<問い合わせ先>
☆主宰者中川シゲオへお問い合わせください。
facebook:https://www.facebook.com/sense.nakagawa