2018年08月15日

終戦の日

_20180809_164309.JPG

もう73年も前になるんですね、戦争、第二次世界大戦、日本敗戦、降伏から。
ぼくの生きた年月が72年だから、遠いようで近いような、不思議な感覚です。
最近は活字を読まなくなって、テレビで記録映像を見せてくれます。
悲劇のなかに賛意があって、なんとなくノスタルジーに誘います。
悲劇なのに、こころに訴えてくるのは、悲劇らしくなくて、でも哀しみ。

戦争を良しとする勢力が、この日本にはたくさんあるようで、どうしてなのか。
ぼくは、戦争反対であり、非武装でもいい、と思っている非現実主義者でしょうね。
武器を持つ、人間の世界、ぼくは悲しくなります。
武器を持たなくても、権力を盾として振る舞う奴らに、憤りを感じます。
平和であってほしい、そう願う一市民、です。
亡くなられた戦没者の人々には、哀悼の意を表します。


posted by shigeo at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする