2018年03月23日

音楽のはなし-2-

_20180322_113219.JPG

音楽の話ですが、ぼくは演奏家でもなければ評論家でもないです。
ただ音楽を聴くだけのリスナー、音楽愛好者の一人です。
中学から高校にかけて吹奏楽部に入っていたので、その時からの音楽フアンです。
主にはクラシック音楽を聴きます。
バッハから始まってベートーベンまで、ショパンも聴きます。
交響曲から、ピアノ、バイオリン、弦楽四重奏とか、いろいろです。

でもベートーベンもですが、チャイコフスキーの交響曲は、特別扱いです。
高校生の頃には第六番の悲愴を聴きまくったですが、その後には四番、五番。
それから、バレエ曲もあればピアノ協奏曲もありますね。
でも、チャイコをあげるなら、心に沁みるのは第六番、悲愴、これです。
聴くとどうしようもなく哀しくなってくるから、聴かないようにしています。
最近は、作業をしながら聴いているので、感情移入はあんまりないですね。

音大をめざしたこともあった18歳ごろ、その当時にチャイコ悲愴、聴いていた。
閉塞感に埋没感に、頭の上から重たい蓋をされているような感覚の青春。
悲愴が、その感覚に輪をかけて、でも、救われる感じで、聴いていた。
文学の太宰へみたいな傾斜の仕方で、チャイコフスキーに傾斜していた。
このチャイコというひと、生きるのが哀しくてつらかったんですね。
思い出します、また別のところで書きますが、自分のことです。

写真のことが学べるフォトハウス表現塾のコマーシャルです。
​フォトハウス表現塾のHP​
ただいま写真のことを学ぶレッスンを、ご用意しております。
写真に興味を持たれ、もっと深く学びたいとお思いの方、お問合せください。
https://www.facebook.com/sense.nakagawa
レッスン内容など詳細はホームページを参考してください。
連絡はアマノコーヒーロースターズへ電話、中川へはメールでお願いします。
Tel&Fax(075)491-6776  mail:​pressnakagawa@yahoo.co.jp​

posted by shigeo at 18:44| Comment(0) | 音楽のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

音楽のはなし-1-

120buras1802040016.jpg
フォトハウス表現研究所のホームページ

<音楽のはなし>というカテゴリーをつくりました。
とはいいながら、音楽は聴覚のところで、耳で聴くものだから、ここには合わない。
ブログに載せるとしたら、YouTubeとかからの引用で聴けるようにするのが本筋かも。
掲載した写真は、ブラスバンドの演奏ステージの静止画です。
ぼく個人のことでいえば、子供のころから音楽に親しんできたと思っています。
いろんなジャンルがありますが、主にはクラシック音楽、西洋音楽です。
中学生になったとき、吹奏楽部に入ったのが、音楽を聴くようになるきっかけ。
流行歌を聴く、演歌を聴く、その後にはテレビで観て聴く、そのこともあります。
クラシックといえば、ベートーベンから始まります。
最初は交響曲第五番「運命」、LPレコードで、ポータブルプレーヤー、ラジオにつなぐ。
その後にはステレオ装置がでまわり、ラジオではFM放送を聴くようになります。
モダンジャズもいいな、ビートルズもいいな、でもクラシックに戻る。
カラヤンのベートーベン交響曲全集をLP何枚組だったかで買ったのは1965年だったか。
シュナーベルのベートーベンピアノソナタ全集を買ったのも1965年だったか。
すでにLP版が手に入るようになって、それでも一枚2000円でした。
月給15000円くらいのときに2000円だから、高価な買い物でしたけど。
ベートーベンの交響曲を聴くようになって、ピアノソナタを聴くようになった。
そんなこんなで、ぼくの人生、クラシック音楽フアンだといえばいいと思うのです。
posted by shigeo at 15:01| Comment(0) | 音楽のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする