文学ワークショップ#01終えました

_20190615_174351.JPG
現代表現研究所のHP​​
昨日、文学ワークショップで「物語を創造する」の第一回目を終えました。
説明するのもなんですが、絵カードを組み合わせて物語を創る、でした。
ワークショップだから、体験してみないと、その内容はつかめにくいと思いますが。
参加して、数人、各人が物語を創り出して、それぞれが違うことが判明です。
掲載写真は、ワークショップ展開中のスナップです。
現代表現研究所が主宰しているワークショップです。
これまでに、写真ワークショップを5回シリーズで開催しております。
今回は上野明人さん主導の文学ワークショップシリーズでした。
月に一回、第三土曜日に。ワークショップとカフェ&プレスを開催しています。
七月と八月は、お休みにします。
第一土曜日に開催の「フォトクラブ京都」の月例会はおこないます。
フォトハウス表現塾では、現在、写真制作を学ぶ塾生を募集中です。
表現塾では、学びの場として機能していきますが、ここは有料になります。
別途、表現塾のご案内をいたしますが、継続しております。
ただいま塾生を募集しております。
個別のカリキュラムになりますので、個別対応、いつからでも始められます。
以上、よろしくおねがいいたします。

明日6/15は文学ワークショップです

<物語を創造するWS>
現代表現研究所主催の<文学ワークショップ#01>を明日6月15日に開催します。
_20190602_165950.JPG
<物語を創造するWS>
現代表現研究所主催の<文学ワークショップ#01>を開催します。
第1回目テーマは<物語を創造する>です。
いま、新しい時代に、物語を創造する方法を具体的に考えます。
開催日時は2019年6月15日(土)PM2:00~PM3:00です。
文学ワークショップのインストラクターは研究員の上野明人が行います。

開催場所はアマノコーヒーロースターズ。
定員五名。
参加費は無料(コーヒー代実費)
第15回カフェ&プレスは写真ワークショップ終了後に行います。
<問い合わせ先>
☆主宰者中川シゲオへお問い合わせください。
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
Tel&Fax(075)491-6776 です。

文学ワークショップを開催します

_20190202_214217.JPG
現代表現研究所のHP​​
現代表現研究所が主催する「文学ワークショップ」を開催します。
開催日時は2019年6月15日(土)PM2:00~PM3:00。
第1回目の題目は<物語を創造する>です。
いま、新しい令和時代に、物語を造る方法を具体的に考えます。
文学ワークショップのインストラクターは研究員の上野明人が行います。

開催場所はアマノコーヒーロースターズ。
定員五名。
参加費は無料(コーヒー代実費)
第15回カフェ&プレスは写真ワークショップ終了後に行います。
<問い合わせ及び申込先>
☆主宰者中川シゲオへお問い合わせください。
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
Tel&Fax(075)491-6776 です。

文学ワークショップ#01を開催します

_20190510_214625.JPG
<物語を創造するWS>
現代表現研究所主催の<文学ワークショップ#01>を開催します。
第1回目の題目は<物語を創造する>です。
いま、新しい令和時代に、物語を造る方法を具体的に考えます。
開催日時は2019年6月15日(土)PM2:00~PM3:00です。
文学ワークショップのインストラクターは研究員の上野明人が行います。

開催場所はアマノコーヒーロースターズ。
定員五名。
参加費は無料(コーヒー代実費)
第15回カフェ&プレスは写真ワークショップ終了後に行います。
<問い合わせ先>
☆主宰者中川シゲオへお問い合わせください。
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
Tel&Fax(075)491-6776 です。

写真ワークショップ#05を開催します

_20190422_111313.JPG
<コンポラ展を今にとらえるWS>
現代表現研究所主催の<写真ワークショップ#05>を開催します。
第5回目の題目は<コンポラ展を今にとらえる>です。
1966年アメリカはイーストマンハウスで開催された写真展「コンポラ展」。
当時の写真表現の方法は<パーソナル・ドキュメント>と呼ばれました。
いま、新しい令和時代に、現代ドキュメントの表現へと深化させます。
開催日時は2019年5月18日(土)PM2:00~PM3:00です。
ワークショップのインストラクターは中川シゲオが行います。

開催場所はアマノコーヒーロースターズ。
定員五名。
参加費は無料(コーヒー代実費)
第14回カフェ&プレスは写真ワークショップ終了後に行います。
<問い合わせ先>
☆主宰者中川へお問い合わせください。
<アマノコーヒーロースターズ>
〒603-8203 京都市北区紫竹東高縄町23-2ルピナス1F
Tel&Fax(075)491-6776 です。

写真ワークショップのはなし

_20190422_111313.JPG
今年に入って月一回ペースで「写真ワークショップ」を開催しています。
表現された写真を理解するための20世紀写真史を概観してみようとの試みです。
最初に東松照明氏の「太陽の鉛筆」を持ってきたのは1970年代の表現を代表してです。
ぼくは1960年代から70年代にかけて、写真表現の枠組みが大きく変化したと考えています。
もちろん社会の枠組みが同時に変化したわけで、写真表現も併走したと思うのです。
そこからアメリカのステーグリッツを捉え、フランスのアジェを捉えました。
続いて1919年に始まるバウハウスを捉え、20世紀前半の世界の枠組みを位置づけました。
こうして来月には、1960年代の「コンポラ展」の時代を捉えたいと思っています。
ひとまず全五回の枠組みで、第二期は少し時間を置いて、見ていこうと思います。
6月からは文学系のワークショップを計画していて、具体化させているところです。
新たな時代になるというので、新たな枠組みで表現の質が変わっていくと思います。
この表現の質を変えていく原動力になる写真や文学のワークショップを実施します。
定員は五名程度で実施していきますが、一緒に研究していける人を求めています。