現代表現WSについて-2-

_20191123_133841.JPG
夏の頃に、現代表現ワークショップの開催を企画案出したところです。
その後、関係各位と話題を提供しながらも、これを具体的な場として設定できていません。
どうしたものかと思い悩んでいるところですが、波が立つまで静観するしかないなぁ。
なにも始まっていないなぁ、というのが実感で、一人芝居やっていても仕方ないなぁ。
統括セオリー、美術、写真、映像、音楽、文学、この六つが個別WSの枠組みです。

ジャンル分けしていますが、実際には、このジャンル分けを超えたところで思考する。
各ジャンルには、それ相当の制作技術が必要で、そのことを踏まえて、どう構築するか。
なによりも、なんのために、ワークショップをするのか、という問題があります。
いっぽうで学校をつくるプロジェクトを提案しているところです。
学校つくりと現代表現ワークショップをリンクさせる、と思っているんですが。

抑圧される個人の在り方を、抑圧されない個人の在り方に変えるための学びの場が学校です。
あたらしい学校の概念ですが、現体制維持のための学校ではなくて、個人が自立する学校です。
この学校をどうイメージしてつくるか、ということの模索から始めなければいけないのです。
この模索からやろうというメンバーが現れてきたときから、プロジェクトが起こる、ですね。
広い原野のなかに、少しだけその芽が生えだしている感触ですが、まだまだそれは未定です。

現代表現ワークショップについて-1-

現代表現研究所が主催する現代表現ワークショップ(現代表現WS)について書きます。

(検討資料です)
現代表現WSに、テーマとなるジャンルを設定します。
ジャンルは、統括セオリー、美術、写真、映像、音楽、文学、の六テーマとします。
テーマの名称は暫定であり、より的確な名称に変更されていくものです。

各ジャンルごとに、ワークショップを開催します。
ワークショップの内容は、各ジャンルに特化した事象がテーマとなります。
特化する事象は、おおむね現代を表現する現場をテーマにします。
各ジャンルに参加される個人は、テーマをクロスさせるなかで現代を理解します。
現代表現WSに参加される個人は、現代をテーマにした作品制作を試みます。

ワークショップの領域は、各ジャンルとも技術技法、テーマとなる背景と表出、など。
各ジャンル、マトリクス化された領域を、ワークショップ単位のテーマにします。
各ジャンルのワークショップがクロスオーバーさせながら全体を構成します。

(未完)

_20190816_094643.JPG